toggle
2017-07-16

呼吸を細く吐き出す。コントロールする

スポンサーリンク

こんにちは、ヨガインストラクターのNatsumiです。

 

今日は、呼吸について。

「呼吸を長く吐くことができないんですよね。」

先日、生徒さんから相談を受けました。

 

普段の生活で、私たちが呼吸を意識することは、ほとんどないと思います。私もヨガをする前は全く意識なんてしていなかったです。

 

吸う息は、意識がしやすいと思います。

スポンサーリンク

逆に、吐く息はすぐ吐ききってしまう、という方が多いです。

 

どちらにしても、意識をして、丁寧に行う必要があります。

 

吸う息であれば、ゆっくりと、吸い込む量を少しずつ。肺の中に入って広がっていくことを感じていきます。

吐く息であれば、まるでストローから吐き出すような少ない量を、ゆっくりと時間をかけて吐き出していきます。

 

できなくても、意識をしてみること。使わない感覚は鈍感になっています。少しずつ時間を使いながら、感覚を養っていく必要があります。

 

呼吸をコントロールをしようとすると、自分の事を「自分で制する」ことをしている事になります。

無意識で行っていることや、感情に任せて行っている行動を、一つでも自分の意志で行う事ができると、

「自分をしっかりと見てあげている」

「自分にとっていいことをしてあげている」

というような感情が私は生まれてきます。自分を支配している感覚、というと感情任せの性格に思われてしまうかもしれませんが、、、

 

みなさんが、ご自身の事をまた一つ、知る機会になればと思います。

 

今日もよい一日をお過ごしください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*