toggle
2019-09-16

読書の秋 食について考える

スポンサーリンク

今月9月は、3連休が2回もあって、いつもの休日よりもゆったり過ごせる方は多いかもしれませんね。(その分普段の仕事が忙しくなる方も。。。)

 

秋も深まって欲しい、今日この頃。秋といえば、私は読書です。

 

この間読んだ本は、大変興味深く、面白かったので、ご紹介します。

 

果糖中毒――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?

ロバート・H・ラスティグ (著), 中里 京子 (翻訳)

スポンサーリンク

 

ちょっと刺激的な題名ですが、現代の食生活に含まれている糖について、詳しく書かれています。

糖といっても種類がたくさんあること、また食生活の改善の方法なども書いてありました。

 

本の中で心に響いた言葉は、こちら。

“運動は、「自分にしてあげられる最高のプレゼント」”

 

本当にそうだし、表現がとっても素敵です。

私もいつか使おう。笑

 

***
田園都市線 鷺沼駅より有馬中学校近くのスタジオで、毎週土10:00~ 「さぎぬまヨガ」 を開催しています。
 
スケジュール、ご予約はこちらから

関連記事