toggle
2016-12-13

私が「さぎぬまヨガ」をはじめたきっかけ

スポンサーリンク

こんにちは、ヨガインストラクターのNatsumiです。

 

今日は「さぎぬまヨガ」を開催しようとおもったきっかけを

つづりたいと思います。

 

以前に、コンセプトは「Lifeyoga」の中でも書かせて頂きましたが、

私は、生活を豊かにするためにヨガをすると考えています。

 

その中で、どうやったら生活に取り入れやすいかを考えました。

スポンサーリンク

まずは、ヨガを知ってもらうこと。

ヨガを知らない人、知っているけれど経験がない方、したことがあるけれど続かない方と

ヨガの効果を感じることができない方は、まだまだ多くいらっしゃると思います。

 

私ができることは、レッスンを通して、ヨガを伝えていこうと思いました。

 

レッスンに行きやすいこと

それは生徒さんの「場所・時間・予算」が大きく影響すると思います。

まずは、生徒さんが生きやすい場所を選びたいと思いました。

 

行きやすい場所を考えると、

・自宅(会社)に近い

・普段着で通える

・空き時間で行ける

というのが、理想的だと思います。

 

また、私が鷺沼駅の近くに引っ越して間もない頃のタイミングでした。

 

まずは自分の周りの方を健康にしたい自分が住んでいる町の方に

ヨガを伝えたい、と思い、鷺沼駅周辺でスタジオを探し始めました。

 

そして、さぎぬまヨガでお借りしているレンタルスタジオ

「STUDIO We Are」さんを見つけ、思い切って開催することにしました。

 

大切にしたい生徒さん

過去に、ヨガインストラクターをしていた頃、店舗に所属してレッスンを

していました。必然的に、その店舗に行きやすい生徒さんが集まります。

そして、何度かレッスンをするうちに、生徒さんとの距離も近くなります。

 

しかし、所属店舗の異動が多く、生徒さんの変化を見届けられない

疎遠になってしまう、という事が少なくなかったです。

 

幸せを分け合える関係性

その時に、ただヨガのレッスンをするだけではなく、別の部分でも

コミュニケーションを取りたいと思っていました。

それは、「近くに美味しいお店があった」、とか、「こんな便利なものがあるんだよー」

とかでいいんです。

 

ちょっと幸せになれるような、知ったら生活が楽しくなりそうなことを

話せるような関係性を作りたいと思いました。

 

遠いという事はどうしても、手間や時間をとり、お互いにとって、

ベストな選択ではないと思います。

 

身近で、気軽に接点を持てる。

まだまだ週に1回1時間の「さぎぬまヨガ」のレッスンのみですが、

今後はレッスンを増やしたり、別の繋がりを作ったり、いろんな形で

やっていきたいと考えています。

 

駆け出したばかり、どうぞよろしくお願い致します!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*